落合 孝文

チーム写真

理事

落合 孝文

弁護士、渥美坂井法律事務所・外国法共同事業パートナー

プロフィール

2004年慶応義塾大学理工学部数理科学科卒業後、慶応義塾大学大学院理工学研究科基礎理工学専攻在学中に旧司法試験合格。2005年に同大学院中退後、2006年森・濱田松本法律事務所入所し、同弁護士登録(第二東京弁護士会)。東京オフィス及び北京オフィスに勤務し、国内外の企業間の訴訟・仲裁、倒産、知的財産、外国投資等の業務に従事し、2015年より渥美坂井法律事務所・外国法共同事業に参画。現在は、医療、金融、IT等の産業に関わる業務の提供を行っている。 主な委員等 厚生労働省 情報通信機器を用いた診療に関するガイドライン作成検討委員会委員 総務省 高精細映像技術を活用した遠隔在宅医療に関する協議会委員 総務省 AIネットワーク社会推進会議影響評価分科会委員 経済産業省 ブロックチェーン法制度検討会「医療・介護・ヘルスケア分野」、「物流・サプライチェーン・モビリティ分野」、「横断テーマ」委員 日本弁護士連合会 「日本知的財産仲裁センター」の事業に関する委員会委員 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)個人情報保護指針改定に伴うマルチステークホルダープロセス委員 J-INTEREST(Japanese Initiative for Diagnosis and Treatment Evaluation Research in Telepsychiatry)遠隔精神科医療ガイドライン策定会議運営・法律WG代表者

メッセージ