加藤 浩晃

チーム写真

理事

加藤 浩晃

医師、京都府立医科大学、デジタルハリウッド大学院客員教授、元厚生労働省

プロフィール

医師、浜松医科大学卒業。専門は遠隔医療、AI、IoTなどデジタルヘルス。眼科専門医として1500件以上の手術を執刀、白内障手術器具や眼科遠隔医療サービスを開発。 医療・ヘルスケアビジネスに必要な「医療現場」「医療制度」「ビジネス」の3領域を経験し横断的に理解する数少ない存在であり、医療領域全般の新規事業開発支援を行う。また、日本の医療ベンチャーに精通し、大企業やベンチャーの顧問・アドバイザー・取締役も務める。東北大学大学院非常勤講師、経済産業省J-Startup推薦委員、厚生労働省医療ベンチャー支援(MEDISO)非常勤サポーター、日本遠隔医療学会 運営委員 / 遠隔診療モデル分科会長。著書は『医療4.0(第4次産業革命時代の医療)』など。

メッセージ